社会保険の保険料を下げる方法 社会保険事務は千葉県流山市 戸谷事務所へ

保険料を下げるには

前述の算定基礎届や算定基礎届以外での標準報酬月額の変更で記載しましたが、標準報酬月額は固定的賃金と言われるものが変動しないかぎり算定基礎届以外では変更されませんので、4,5,6月に残業を減らすようにすれば保険料を下げられるということになります。

 

まあそんなに簡単に仕事量を変えられるということもないでしょうし、そもそも保険料が低くなることが一概にメリットというわけではありませんし、年間平均で算定したりと事はそんなに単純ではないのですが・・・。

 

また健康保険組合に加入するなどの方法で保険料を下げることも可能な場合があります。こちらもそもそも入れるかどうかは条件次第ということになりますが・・・

私がサポートいたします!

保険料を下げる

戸谷勲(トヤイサオ) 千葉県出身 昭和46年生、早稲田大学卒、平成9年行政書士登録、平成11年社会保険労務士登録。

 

打ち合わせ等は私の方からお客様のご都合の良い時間に合わせて伺いますのでわざわざご足労いただくことはありません。どうぞお気軽にご相談ください。


お問い合わせ先

千葉県流山市東初石2-78-1-206
電話:04-7153-2318
携帯:090-8497-4858
メールisao.toya@gmail.com
営業時間:月〜金曜 9:00〜19:00 ※時間外でもご連絡は受け付けております。

関連ページ

未加入事業者対策について
社会保険の未加入事業者対策について説明しています。
算定基礎届
社会保険の算定基礎届について説明しています。
標準報酬月額の変更
社会保険の標準報酬月額の変更について説明しています。
社会保険料の支払と徴収タイミング
社会保険料の支払と徴収タイミングについて説明しています。